February 1, 2017

経験

アロハ、こんにちはそして僕のウェブサイトへようこそ!


Derek Hoppe (デレク・ホッペ)

職歴:
Hawaii Public Television Foundation, dba PBS Hawaii, Honolulu, Hawaii
クリエイティブ・サービス・コーディネーター (テレビ製作) 2005年12月~2011年1月
・テレビ管理の指示
・クリエイティブサービスの予算監督
*生産補助金の管理
*プロセスクリエイティブサービス材料購入と支払い
・知的所有権管理
*放送とホームビデオの交渉、ライセンス契約のためのクリアランス
・すべての独立したプログラム提出物の担当者への指示
*放送のためのプログラム提出物の評価
*PBSハワイ上空を標準に放送するため、プログラム社説内容と技術仕様をあげる独立系生産者に
対する活動
・PBSハワイの作品のための契約から独立した製作者、ディレクターやエディターと連絡を取る

Hawaii Public radio, Honolulu, Hawaii
スタジオオペレーターとラジオプロダクション 2001年4月~ 2005年12月
・内容作成、ダイレクトタレント、スクリプトの編集および地元ラジオ放送ショーの作成技術者
・一般的なスタジオ操作と放送された発表の責任者
・オンエア放送のためにコンピューターオートメーションを設立し、プログラムを準備する
・ウェブ構成のための技術者スポット、予習とーでぃお、及びアップロードオーディオファイルの作成
・知的所有権管理

Hawaii Calls, Inc., dba Hula Records, and Kona-Kai Distributing Co. Honolulu, Hawaii
マーケティングとセールスレップ1995年9月~ 2001年 5月
・地元的、国家的、そして国際的な小売店でオーディオ製品の懇願と取引責任者
・計画され実装している販売促進、連対媒体購買、及び計画
・システム実現の品質管理、一般的な小売業習慣、在庫管理、及び小売ビジネスのための一般的セールス過程の 管理
・研究、開発された新しいビジネスチャンスのリサーチ
・店内パフォーマンスのための芸術家と販売管理者との調整

学歴:
University of Hawaii at Manoa, “New Media Studies”
文学士号、寛容な研究(Liberal Studies) 2002年12月

Minneapolis Television Network
スタジオプロダクションクラス受講 1989年4月
・照明、カメラ、オーディオ、スイッチャー、及び指示

ワークショップ、セミナー、ボランティア:

ドキュメンタリーと公共放送のためのパネリスト 2010年1月
・ホノルルのヒルトンワイキキ・プリンスクヒオホテルにて、パシフィック・アイランダース・イン・コミュニケーション(PIC)に接待されたジュディス Vecchioneとワークショップを行う

太平洋交換パネリスト 2009年8月
・ホノルルのヒルトンワイキキ・プリンスクヒオホテルにて、パシフィック・アイランダース・イン・コミュニケーション(PIC)とIndependent Television Service (ITVS)によって主催されたワークショップ
*無党派(独立派)のフィルムを評価し、プロデューサーにフィードバックを渡す

私の過去10年以上の経験として、もっとも優秀なアーティスト、音楽家、財界の指導者と政治家の数人を知ってください。この5年間、私はPBSハワイで偉大なるスタッフと働くことの特権と名誉を持つことができました。
私がハワイへ引っ越す前の若いころ、Big Trouble House (ビッグトラブルハウス)というロックバンドでドラムを担当し、演奏していました。 バンドは、ミネアポリス(ミネソタ州)の私の故郷で結成されました。働いて、 Big Trouble Houseで演奏することは本当に、エンターテイメント産業での私の最初の専門の経験でした。 私は音楽を書いて、ギグを予約し、慈善コンサート(ラジオの取材が来て、観衆のために生ライブをセットアップ)を提供しました。

コンタクト